最新情報
メニュー
>>概要 >>県人教だより >>研究集会 >>リンク

■概要

◇ 住所など

  • 〒680-0846 鳥取市扇町21 鳥取県立生涯学習センター(県民ふれあい会館)内
  • TEL:0857-22-0578
  • FAX:0857-22-0593
  • E-mail:torikendoukyou@cyber.ocn.ne.jp

◇ 発足

  • 1958年(昭和33年)に鳥取県同和教育研究協議会として発足
  • 1972年(昭和47年)に鳥取県同和教育推進協議会(略称:県同教)と改称
  • 2008年(平成20年)に鳥取県人権教育推進協議会(略称:県人教)と改称

◇ 目的

本会は、差別の現実から深く学び、部落差別をはじめあらゆる差別の解消に向けて、本県における学校教育、社会教育一体の人権教育を進めることを目的としています。

◇ 組織

  • 上記の目的に賛同する県内市町村の人権教育・同和教育推進組織及び県ならびに関係団体をもって構成されています。
  • 理事12人、会計監査2人、評議員24人、事務局3人

◇ 主な活動

全国人権教育研究協議会に加盟している県内唯一の団体であり、全国レベルでも人権教育・同和教育の推進に努力しています。

研究集会・研修会の開催

  • 人権尊重社会を実現する鳥取県研究集会

    実行委員会の中心となり、企画・運営に当たります。

  • 市町村人権(同和)教育推進協議会等担当者研究協議会

調査活動

  • 市町村人権(同和)教育推進協議会等の活動状況調査
  • 全国人権・同和教育研究大会に伴う諸調査

図書資料作成頒布

  • 「人権問題学習その実践」

    学校・社会教育の実践、全国人権・同和教育研究大会県内報告者の報告概要と全国人権教育研究協議会県内実践報告協力者の分科会報告を掲載し、各市町村人権(同和)教育推進協議会等、各関係機関団体に配布します。

  • 県人教だより「ふれあい」

    県人教の機関誌として各市町村人権(同和)教育推進協議会等、各関係機関団体に配布します。

各組織・団体との連携

  • 各市町村人権(同和)教育推進協議会等・各関係機関団体との連絡調整
  • 全国人権教育研究協議会との連絡調整

◇ 県人教の活動を支えるために

県人教の活動は、1日も早い部落問題の解決と人権確立を願う組織団体の会費や補助金によって支えられています。
現在、19市町村同和教育推進協議会等と5関係機関団体で構成されています。

▲ページの先頭へ

■県人教だより 「ふれあい」

「ふれあい」(174号 2021年 6月 1日)はこちら(PDF形式)

「ふれあい」(173号 2021年 3月16日)はこちら(PDF形式)

「ふれあい」(172号 2020年12月10日)はこちら(PDF形式)

「ふれあい」(171号 2020年 9月28日)はこちら(PDF形式)

「ふれあい」(170号 2020年 7月 6日)はこちら(PDF形式)

「ふれあい」(169号 2020年 5月18日)はこちら(PDF形式)

「ふれあい」(168号 2020年 3月25日)はこちら(PDF形式)

「ふれあい」(167号 2020年 1月30日)はこちら(PDF形式)

「ふれあい」(166号 2019年12月17日)はこちら(PDF形式)

「ふれあい」(165号 2019年10月 2日)はこちら(PDF形式)

「ふれあい」(164号 2019年 5月23日)はこちら(PDF形式)

「ふれあい」(163号 2019年 3月15日)はこちら(PDF形式)

「ふれあい」(162号 2019年 1月16日)はこちら(PDF形式)

「ふれあい」(161号 2018年12月17日)はこちら(PDF形式)

「ふれあい」(160号 2018年10月15日)はこちら(PDF形式)

「ふれあい」(159号 2018年 5月23日)はこちら(PDF形式)

「ふれあい」(158号 2018年 3月19日)はこちら(PDF形式)

「ふれあい」(157号 2018年 1月18日)はこちら(PDF形式)

「ふれあい」(156号 2017年10月11日)はこちら(PDF形式)

「ふれあい」(155号 2017年 5月31日)はこちら(PDF形式)

「ふれあい」(154号 2017年 3月16日)はこちら(PDF形式)

「ふれあい」(153号 2017年 1月20日)はこちら(PDF形式)

「ふれあい」(152号 2016年12月19日)はこちら(PDF形式)

「ふれあい」(151号 2016年10月11日)はこちら(PDF形式)

「ふれあい」(150号 2016年 5月31日)はこちら(PDF形式)

「ふれあい」(149号 2016年 3月10日)はこちら(PDF形式)

「ふれあい」(148号 2016年 1月15日)はこちら(PDF形式)

「ふれあい」(147号 2015年 9月30日)はこちら(PDF形式)

「ふれあい」(146号 2015年 5月29日)はこちら(PDF形式)

「ふれあい」(145号 2015年 3月20日)はこちら(PDF形式)

「ふれあい」(144号 2015年 1月20日)はこちら(PDF形式)

「ふれあい」(143号 2014年11月25日)はこちら(PDF形式)

「ふれあい」(142号 2014年 9月19日)はこちら(PDF形式)

「ふれあい」(141号 2014年 5月29日)はこちら(PDF形式)

「ふれあい」(140号 2014年 3月14日)はこちら(PDF形式)

「ふれあい」(139号 2014年 1月24日)はこちら(PDF形式)

▲ページの先頭へ

■研究集会

第46回人権尊重社会を実現する鳥取県研究集会(中・東部会場)の開催方法の変更について

鳥取県内において、新型コロナウイルス感染症の感染が急拡大しており、全県が「デルタ株感染厳重警戒地域」並びに「感染増大警戒情報(厳重警戒レベル)」に指定されました。
そして、鳥取県が「多くの人が集まるイベントの自粛」を求めています。
そこで、「中部会場(8/5開催予定)」並びに「東部会場(8/6開催予定)」での研究集会の開催について、役員及び関係機関と協議した結果、「第46回人権尊重社会を実現する鳥取県研究集会」の開催を「西部会場」に加え、「中部会場」と「東部会場」の開催を「書面開催」に変更します。
ご理解とご協力をお願いいたします。

※なお、書面開催とは、開催の中止ではありません。
 当日配布予定の「討議資料」並びに、予定していた講演や報告内容を掲載した「記録集」と、当日配布の「討議資料」を、参加申し込みされた方に、後日お送りします。

第46回人権尊重社会を実現する鳥取県研究集会(西部会場)の開催方法の変更について

標記の研究集会は、米子コンベンションセンター多目的ホールで、対面方式で開催することとしていました。
しかし、西部地域において、新型コロナウイルス感染症の感染が急拡大しており、7月17日には「特別警報」が発令されました。
そこで、西部会場での研究集会の開催について、役員及び関係機関と協議した結果、事前に取り決めていた通り、「第46回人権尊重社会を実現する鳥取県研究集会(西部会場)」の開催を「書面開催」とします。
ご理解とご協力をお願いいたします。

※なお、書面開催とは、開催の中止ではありません。
 当日配布予定の「討議資料」並びに、予定していた講演や報告内容を掲載した「記録集」と、当日配布の「討議資料」を、参加申し込まれた方に、後日お送りします。

第46回人権尊重社会を実現する鳥取県研究集会のお知らせ

本研究集会は、今日まで積み上げてきた差別の現実から深く学ぶ実践・交流の成果を踏まえ、部落差別をはじめあらゆる差別をなくし、人権尊重社会の実現に向けて、全県民を対象とした集会として開催します。

開催要項はこちら(PDF形式)

1.主催 鳥取県人権教育推進協議会
2.テーマ 「人権尊重社会の実現に向けて、研究と実践を交流しよう」
3.日程 西部:8月3日(火) 書面開催
中部:8月5日(木) 書面開催
東部:8月6日(金) 書面開催

 開場12時00分
 開会13時00分 〜 閉会16時00分

4.講演 西部:”いま、ここ”を知るために 〜ドキュメンタリー映画を上映する理由〜
   (坂田 かおり 様  部落解放同盟西部地区協議会 女性部長)

中部:男女共同参画社会の実現に向けて
   (権田 正直 様   鳥取県男女共同参画センター「よりん彩」所長)

東部:人権教育とは何か?
   (福田 和博 様   (公社)全国人権教育研究協議会副理事長)



参加申し込みについて

参加資料代 1,500円(討議資料代、記録集代)
各市町村、学校、企業、関係機関等でまとめていただき、7月30日(金)までに
参加券を購入してください。
当日受付はありません。

▲ページの先頭へ

■過去の研究集会